ホワイトヴェールの使い方や注意点

ホワイトヴェール白雪洗顔の使い方や注意点

 

ホワイトヴェール白雪洗顔

 

ホワイトヴェール白雪洗顔は良質な成分が詰まった嬉しいフェイスウォッシュです。

 

しかし、正しく使わないと効果が得られないということもあるようです。

 

大切なのは正しい洗顔方法です。

 

ここでは、ホワイトヴェール洗顔の使い方や注意点についてご紹介したいと思います。

 

 

ホワイトヴェール白雪洗顔の正しい使い方

 

ホワイトヴェール白雪洗顔の正しい使い方

 

洗顔は、毎日何気なく行っている作業かもしれませんが、正しい方法で行っている方は実は少ないんだそうです。ホワイトヴェール洗顔の正しい洗顔の流れを見ていきましょう。

 

 

泡立てる

 

まずは、ホワイトヴェール洗顔を1〜2pとって、空気を含ませながら泡立てます。

 

便利な泡立てネットがついているので使うと良いでしょう。

 

洗顔をする上で、この泡立て作業がとても大切なのですが、市販のフェイスウォッシュの場合には、しっかり泡立てるためには、結構な時間と手間がかかります。

 

ホワイトヴェール洗顔の場合にすぐに理想的な泡が出来上がるのが嬉しいですね。

 

 

丁寧に洗う

 

片手にこんもり乗るくらいの量になったら、手のひらが直接肌にふれないように注意して、もちもち泡をクッションにして丁寧に洗います。

 

ゴシゴシこすってはいけません。

 

 

皮脂量の多い順に泡をつけて洗う

 

皮脂量の多いところからやさしく洗うのがポイントです。Tゾーン→あご、頬→口元→目元の順番が正解のようです。

 

乾燥しやすい目元や口元は泡を乗せるだけでも良いそうです。

 

 

ぬるま湯でしっかりすすぐ

 

泡がお肌に残ってしまわないように、しっかりとすすぎましょう。33℃〜36℃くらいのぬるま湯が良いでしょう。

 

 

ホワイトヴェール白雪洗顔の注意点

 

ホワイトヴェール白雪洗顔の注意点

 

洗顔の目的は、酸化した皮脂や古い角質、汗やほこり、メイクなどを落とすことです。

 

しかし、このような汚れをしっかり落としたい一心でゴシゴシ洗ってしまうと、汚れだけでなく皮脂組織までダメージを与えてしまうことになり、お肌のバリア機能が壊れてしまう恐れがあります。

 

バリア機能が低下したお肌は、外からの刺激がダイレクトにお肌の内部に届いてしまう状態になってしまうのです。

 

このような理由から、ホワイトヴェール洗顔を使う時には、力を入れてゴシゴシと洗っては絶対にいけません。

 

ゴシゴシこすった方が汚れがとれるような気がしてしまいますが、それは間違った方法なのです。

 

もちもち泡をクッションにして、やさしく洗うことが大切なのです。

 

 

以上、ホワイトヴェール白雪洗顔の使い方、注意点について見てきました。せっかくの効果的なフェイスウォッシュであっても、間違った使い方をしてしまうと、効果が軽減してしまうようです。

 

正しい使い方で、より高い効果を実感したいですね。

 

商品を購入すると、「白雪肌の作り方」という冊子がついてくるそうです。慣れるまでは、この冊子を見ながら行うと良さそうですね。

 

↓すっぴん美人 1,000円はこちら↓

ホワイトヴェール白雪洗顔ボタン